Apple、「iOS 9」と「OS X 10.11」で、古いデバイスへ神対応の予定?

IMG 2558

(画面はイメージです)

WWDC 2015での発表が期待される、Appleの新OS「iOS 9」と「OS X 10.11」はどのようなOSとなるのでしょうか。

9to5Macは、AppleのOS計画に詳しい情報筋から得た情報として、iOS 9 / OS X 10.11は、「品質重視」の開発が行われており、iOS 9では、iPhone 4sやiPad miniといった、古いデバイスに対する最適化が行われるとする、新たな情報を提供しています(MacRumors)。

iOS 9とOS X 10.11の新機能

iOS 9 / OS X 10.11で、品質重視の開発が行われているといっても、全く新機能が追加されないというわけではありません。

iOS 9では、システムフォントの「San Francisco」への変更や、Homeアプリを管理するためのHomeKitの追加、iPadにおける画面分割機能、Apple Mapの乗り換え案内機能の追加などが行われると見られています。

NewImage
OS X 10.11でも同様に、システムフォントの「San Francisco」への変更に伴う調整が行われ、Yosemiteの初期のベータにあらわれていた、iOS風のコントロールセンターの機能の導入計画があるようです(ただし、コントロールセンターは再度保留になる可能性もあるらしい)。

セキュリティ

Appleはまた、近年最重要課題となっているセキュリティの強化に向け「Rootless」、「iCloud Drive」、「Trusted Wi-Fi」といった新機能を導入します。

Rootlessは、OS X / iOSで動作するカーネルレベルの機能で、マルウェアを防ぎ、拡張機能の安全性を増大させ、重要な機密データを保護するものです。

Rootlessにより、管理者権限を持つユーザーでさえ、Appleデバイス上の特定の保護データにアクセスすることが不可能になります。とはいえ、OS X では無効化することも可能で、従来のFinderベースのファイルシステムがなくなることはないと見られています。

また、iCloud Driveをアプリケーションデータの同期バックエンドとして積極的に利用する計画があります。従来IMAPベースのバックエンドを使っていた、Notes / Reminders / Calendarのようなアプリが、iCloud Driveをバックエンドに切り替わることで、ユーザーデータがより安全、高速に同期可能になることが期待されます。

Trusted Wi-Fiは、今年の後半、もしくは来年のリリースが計画されている機能です。信頼されたWi-Fiルーターに対しては、追加のセキュリティ対策なしで接続でき、信頼できないWi-Fiルーターに接続する場合は、より"重い"暗号化を使って接続する、といった機能のようです。

古いデバイスへの最適化

NewImage

iOS 9は、A5ベースのAppleデバイス、すなわち、iPhone 4や初代iPad miniでも動作可能となると見られています。

しかも、単にiOS 9がインストール可能ななだけではなく、古いデバイスでも問題なく動作する新たなOSのアップデート方法が考えられています。

従来のように、フルバージョンのiOSをデバイス上にインストールし、使えない機能を個別に無効化するのではなく、小さなコア機能の上にデバイスごとに使用可能な機能を有効化することで、あらゆるiPhone / iPadで最適に動作するように計画されているのです。

Swift 2.0

NewImage

Swiftはバージョン2.0にメジャーバージョンアップするとともに、"Application Binary Interface (ABI)" stability"の段階に到達すると見られています。

結果、Swift製アプリをApp Storeに提出する際、アプリのサイズ増大の原因となっていた、"コードライブラリ"が、iO 9とOS X 10.11に含まれるようになり、Swift製アプリのサイズ減少が期待されています。

さらにAppleが、iOS 10とOS X 10.12で自社製アプリのSwiftへの転換へ取り組むらしいとの情報もありあmす。

OS X 10.11の古いデバイス最適化は?

9to5Macでは、OS X 10.11の古いMacへの対応は触れられていませんでした。

OS X 10.11でパフォーマンスの最適化が行われるならば、古いMacでも問題なく動作するはず…。詳細の発表に期待が高まります

スポンサーリンク