【WWDC2013】iOS 7、OS X 10.9、Mac Pro、MacBook Airなど発表される

IMG 1644

WWDC2013の話題が盛り上がってますね。情報がたくさんあってどこからたどればよいのか迷ってしまいますが、やはり、最初に見るべきところは

ではないでしょうか。120分の動画も見れるし、どんな発表が行われたのかも一覧できます
人によって気になるポイントは異なるでしょうが、個人的には「iOS 7」、「OS X Mavericks(10.9)」、「Mac Pro」、「MacBook Air」あたりが気になりました。

フラットデザインになった iOS 7

NewImage

まずはなんといっても話題のiOS 7です。デザインがフラットデザインになりました。パステル調の鮮やかなアイコンが印象的です。Windows 8風のデザインになったのという意見もあれば、Android風(Google風)デザインになったという意見もあります。Appleといえどフラットデザインのビッグウェーブには逆らえないということなんですね。

NewImage

もちろんアイコンだけじゃなく、中身のUIパーツも変更されています。iOS7 ベータ版をインストールしたギャラリーリストによると、設定画面はこのような感じになるとか。スイッチのデザインとか、かなり変わってて衝撃をうけました(汗

機能面では、新コントロールセンターの追加、マルチタスクの改善、AirDrop、カメラ強化、Safari強化など。個人的にはマルチタスクサポートの強化が興味深いかも。新しいSDKが提供されるということなのでアプリ側の対応が必要かもしれません。

互換性は、iPhone4(iPhone 3GSはついにサポート外へ)、iPad2移行対応。細かい機能ごとのサポート状況に差があるようです。提供開始は秋。

以下参考リンクなど。

堅実に更新されそうなOS X Mavericks

NewImage

なんとなく地味な印象の新OS X Mavericksですが、奇をてらってなくて安心できるアップデートっぽいですね。ただし、Mavericksの名前はカリフォルニアの海岸の名前ということなので、ネコ科の動物の名前を割り当てる伝統は破られたことになります。

NewImage

機能面の改善で、好感を持ったのは、マルチディスプレイサポートの改善(それぞれのディスプレイがメニューバーを持つ)と、Finderにタブが追加されたことですね。遂にTotalFinderとおさらばするときがきたかもしれません。

互換性はまだ不明(?)。今Mountain Lionがインストール可能な崖っぷち機種は、Core2Duo搭載Macだと思うので、これがどうなるか気になります。うちの MacBook Late 2008 もなんとか生き残って欲しいです。

OS X Mavericksも秋に提供開始ということです。

筒型 Mac Pro

Macpro
Mac Proはこの形に。まさしくMacって感じのデザインではないでしょうか。個人的に買うことはないと思いますが、長らく更新が待たされていたMac Proユーザーは買い換えそう。

この筒の中身の画像がまたかっこいいのでざひ確認してみてください。

ちなみにまだ買えないみたいです。

これにそっくりという指摘もあり。

Haswell搭載の新MacBook Air

NewImage

CPUがHaswellになった新MacBook Airが発表されました。すでに購入可能になっているみたいです。

省電力になったHaswellを搭載したことで、11インチMacBook Airで最大9時間、13インチで最大12時間もバッテリーが持つようになったそうです。無線も802.11ac Wi-Fiに対応。ディスプレイのRetina化はなし。

まとめ

盛りだくさんで疲れました。とりあえず、アプリ開発者はフラットアイコン作るしかないということかな。iPhone5Sの発表はないでしょうかねえ。

スポンサーリンク