Apple、「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発動 - 対象モデルが拡大

S 20190522 82112

Appleは本日、MacBook、MacBook Air、MacBook Proのキーボードで発生する可能性があるキーボードの不具合を無償で修理する「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表しました(MacRumors)。

以前からMacBook 2015以降、MacBook Pro 2016〜2017のモデルを対象にしたキーボード修理プログラムは実施されていましたが、今回はMacBook AirやMacBook Pro 2018/2019が追加され、対象機種の範囲が拡大しています。

今回のキーボードの不具合の症状は以下の通りです。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

対象モデルは以下の通りです。

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2019)

修理はAppleの正規サービスプロバイダやApple Store直営店、配送修理などで可能です。詳細な手順は公式ページでご確認ください。

Appleが最近のMacBook、MacBook Air、MacBook Proで採用している第3世代のバタフライキーボードは、超薄型で安定性が高いとされていますが、薄型のゆえかホコリによって問題が起こりやすいことが知られています。キートップの下にシリコン膜が追加されたMacBook Pro 2018でも対策が不十分で、キーが押されなかったり2度押されてしまう不具合が報告されています。

スポンサーリンク