Homebrewでインストールしたサービスを起動/停止できる「LaunchRocket」が便利かも

NewImage

LaunchRocket」は、MacのHomebrewを使ってインストールした各種サービス(Apache / MySQL / Nginxなど…)の起動や停止をGUIから実行することができるソフトウェアです。

単に起動/停止するだけではなく「root権限」で実行することもできるので、例えばApacheを80番ポートで実行したいときなどにも便利に使えそうです。

インストール

当然ながら、LaunchRocketもbrewコマンドを使ってインストールできます。

$ brew tap phinze/cask
$ brew install brew-cask

まず「Homebrew Cask」をインストールします。Homebrew Caskは Google ChromeやAdiumのようなGUIアプリをHomebrewでインストールする/管理するためのツールです。

brew tap jimbojsb/launchrocket
brew cask install launchrocket

次にLaunchRocketをインストールします。これで完了。

使ってみよう

Pref

システム環境設定に「LaunchRocket」のアイコンが表示されているのでクリックします。

LaunchRocket

初回は何も表示されていないので「Scan Homebrew」を実行しましょう。後は「Start」/「Stop」ボタンで起動・停止を制御することができます。「As Root」にチェックを入れた場合、Start / Stopでパスワードの入力が必要になります。

まとめ

Mac OS Xでは、各種サービスはlaunchdを使って起動されます。この仕組はOS X独特なのでは、UNIX系OSを使い慣れた人にとっても分かりづらいところがあると思います。GUIを使って手軽に起動・停止ができるツールはなかなか役に立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク