Craig Federighi氏、M1 MacでWindowsが動くかどうかはMicrosoftしだい

New m1 chip

Apple独自のM1プロセッサを搭載したMacが衝撃的なデビューを飾った後、Appleの幹部がさまざまなメディアのインタビューに答えています。今回ソフトウェアエンジニアリングチーフのCraig Federighi氏、ハードウェアテクノロジーリードのJohny Srouji氏、マーケティングVPのGreg Joswiak氏らのインタビューがArs Technicaに掲載され、M1 MacでのWindowsの動作へ言及している事がわかりました(MacRumors)。

現在M1 MacはWindowsの動作をサポートしておらず、仮想環境だけでなく、Intel MacのようなBoot Camp機能も使用することができません。

M1 MacでWindowsが動作することは多くのユーザーが望んでいる機能ですが、Craig Federighi氏はM1 MacでWindowsが動作するかは「Microsoftしだい」だと語っています。

技術的にM1 MacでWindowsを動作させるためのコア技術は存在するものの、ARMベースのWindowsをMacにライセンスするかどうかの決定権はMicrosoftにあると指摘しています。

As for Windows running natively on the machine, "that's really up to Microsoft," he said. "We have the core technologies for them to do that, to run their ARM version of Windows, which in turn of course supports x86 user mode applications. But that's a decision Microsoft has to make, to bring to license that technology for users to run on these Macs. But the Macs are certainly very capable of it."

ネイティブに動作するWindowsについては、「それは本当に Microsoftにかかっています」と彼は言った。「私たちは、ARM版のWindowsを実行するためのコア技術を持っていて、それはもちろんx86ユーザーモードのアプリケーションをサポートしています。しかし、それはMicrosoftが決定しなければならないことであり、技術をライセンスするかどうかはMicrosoftが決定しなければなりません。しかし、Macは確かにその能力を持っています。」

Federighi氏は、クラウド上のWindowsが将来的な解決策になる可能性を示唆し、Rosetta 2を使ってM1 Mac上でx86のWindowsアプリを実行できる「CrossOver」にもスポットを当てています。

現在ARM版のWindows 10はOEM版が提供されているだけで、単体でライセンス版は販売されていません。現在のライセンス形態が変更されることになれば、M1 MacでWindows 10が動作する道が開くことになりそうです。

スポンサーリンク