Apple、2015年5月1日よりMac App Storeに新規登録、更新されるMacアプリでGCが使えなくなることを通知

NewImage

Appleは本日、開発者向けサイトで、2015年5月1日よりMac App Storeに新規登録されるアプリ、または更新されるアプリで、 OS X Mountain Lionからdeprecated(廃止予定)扱いとなっていたgarbage collection機能が使用できなくなることをアナウンスしました(9to5MacAppleInsider)。

Beginning May 1, 2015, new Mac apps and app updates submitted to the Mac App Store may no longer use garbage collection, which was deprecated in OS X Mountain Lion. Instead, migrate your apps to Automatic Reference Counting, using the migration assistant in Xcode to help with this transition. Apps may continue to use retain/release for manual memory management. For more information, read the Transitioning to ARC Release Notes.

garbage collection機能を使用しているアプリは、Xcodeに搭載されている移行アシスタント機能を使い、Automatic Reference Counting(ARC)を使ったメモリ管理に切り替えることが推奨されています。またretain/releaseを使用した手動メモリ管理は引き続き使用することができます。より詳しい情報は、Transitioning to ARC Release Notesに記載されています。

ちなみにここでいうgarbage collection機能とは、Objective-C 2.0とともに導入された、世代別の保守的GCのことで、最近導入されたARCとは別の仕組みのことです。

スポンサーリンク