「Mac mini 2014」の超詳細レビュー

Mac mini

先日2年の沈黙を破りようやく発表されたMac miniの新モデル「Mac mini 2014」は、はたして買いかどうか?購入を考えいている方にとても参考になりそうな超詳細なレビュー「Not the upgrade we were hoping for: The 2014 Mac Mini reviewedをArs Technicaが公開しています。

vs 2012年モデル

レビューは、2012年モデルと2014年モデルを比較し、何が変わらず何が改良されかを詳細に比較検討したもの。筐体、外部インターフェイス、CPU/GPUスペック、消費電電力、各種ベンチマークなど気になる情報が膨大に詰め込まれたものとなっています。

NewImage

↑例えばMac mini 2014はPCIe SSDのおかげで爆速化していることが分かります。

レビューでは、Mac mini 2014の良くなった点として、ストレージ、Wi-Fi、GPUパフォーマンスの改良、アイドル時の消費電力の低下、CPUシングルコアスコアの向上、Thunderbolt端子の追加などをリストアップ。また悪くなった点として、2.5インチドライブベイがなくなったこと、Mac miniサーバーがなくなったこと、RAMが増設できなくなったこと、60Hz 4Kが不可能なこと、そして最大のがっかりポイントとしてクアッドコアCPUオプションがないことを挙げています。

ちなみに推奨スペックは8GB以上のRAM、1TBのFusion Driveなど。Mac mini 2014竹をFusion Drive月にカスタマイズすると94,400円となります。ちょっと高いような気もしますが、iPhone 6でもそれくらいかかることを考えるとまあしかたないかもという気がします。

スポンサーリンク