想定の範囲内?「Mac mini Late 2014」のGeekBenchスコアが Late 2012に完敗?

Mac mini

「Mac mini Late 2014」の「予想GeekBenchスコア」が公開され、Late 2014は、Late2012に比較するとシングルコアスコアで上回っているものの、マルチコアスコアは低下していることがわかりました(Primate LabsMacRumors)。

このスコアはMac miniに搭載されるCPU (Core i5-4260U / Core i5-4278U / Core i5-4308U / Core i7-4578U)のスコアから予想されるもので、Mac mini実機を使って計測されたものではありませんが、GeekBenchはCPUのベンチマークソフトであるため、大体同じ結果になると予想されています。

シングルコアスコア

NewImage

↑シングルコアスコア。Late 2014のスコアが順調に高くなっています。

マルチコアスコア

NewImage

↑マルチコアスコア。Late 2014の最高スコアは6000台で、Late 2012と比較すると70%から80%ほど低下しています。

まとめ

シングルコアスコアの上昇はIvy BridgeからHaswellへ進化したプロセッサの世代の更新によるもの、マルチコアスコアの低下はクアッドコアからデュアルコアへのコア数の減少が原因と見られていて、ある意味予想通りの結果といえそうです。

ちなみにMac mini Late 2014になぜクアッドコアプロセッサが搭載されなかったということに関して、Haswell世代のCPUでデュアルコアとクアッドコアのソケット形状が異なっていて、クアッドコアモデルの採用がコスト増につながるために見送られたのではという推測もされています。

ソケット形状が同じならば、Mac mini Late 2014でクアッドコアCPU採用もありえたのか?と考えると、ちょっと残念かもしれません。

スポンサーリンク