【悲報】「Mac mini Late 2014」メモリ/ストレージ交換不可能…か?

Mac mini

本日ようやく発表された「Mac mini Late 2014」。新モデルがリリースされた事自体は喜ばしいニュースとはいえ、CPUがデュアルコア以外選択できないことが失望を呼んでいました。

そんな中、さらに残念な情報としてしてMac mini Late 2014のメモリとストレージが交換不可能らしいという情報がMac4Ever[英語翻訳]から流れています。Mac4Everの読者がAppleのサポートにチャット質問し、RAMとハードディスクが交換不可能であることを確認したようなので、これが本当なら新型Mac miniを自力でアップグレードする見込みはかなり薄そうです(特にメモリ)

Macmini

さらに公式のスペック表をよく見ると、メモリの種類がLPDDR3メモリと書かれていて、LPDDR3のRAMは一般にメモリが基板に直付られているものなので交換できない可能性が高そう…。

iFixit先生が分解してくれればはっきりしますが、アップグレード可能かどうか気になる方はしばし情報を待った方がよいかもしれません。

スポンサーリンク