【朗報】Apple、iPadアプリをMacで動かす新機能の導入を諦めていなかった

S 20170928 81224

先日よりAppleは今年のiOSやmacOSのバージョンアップで、新機能の導入を控え、セキュリティやパフォーマンスの改善に焦点を置くのではないかとが流れています。

iOSのホーム画面の改善など、当初予定されていた新機能のいくつかは2019年に延期されるとも予想されているなか、以前噂となった「iPhoneやiPad用のアプリをMacで動作させることができる新機能」の導入は諦めていないことがわかりました(MacRumors)。

BloombergAxiosはそれぞれ個別に、Appleが2018年に統合アプリプラットフォームの導入を計画しているようだと伝えています。

今回の報道では、この機能が具体的にどのようなものになるのかは触れられていませんが、先月Mark Gurman氏は、iPhone、iPad、Macのどのプラットフォームで動作しているかによって、タッチスクリーンあるいはマウスやトラックパッドを使用することができる、単一のアプリを開発できるようになるだろうと伝えています。

現在iOSはUIKitを、macOSはAppKitフレームワークを利用して開発しますが、AppleはUIKitに類似した「UXKit」と呼ばれるフレームワークを内部的に開発し、Mac用のPhotosアプリで利用している模様です。「Marzipan」と呼ばれこのプロジェクトでは、UXKitのような統合フレームワークが利用されることになるのもしれません。

スポンサーリンク