iPadをMacのセカンドディスプレイに変換できる「Sidecar」は2015年以降のMacに対応する一方iPadの要件は緩めか

Macos catalina sidecar 800x453

Appleが今年の秋に公開するmacOS Catalinaでは、iPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できる「Sidecar」と呼ばれる機能が導入されます。

AppleはまだSidecarを利用するための要件を明示していませんが、著名な開発者Steve Troughton-Smithが、macOS Catalinaのベータ版のコードを分析した結果、2015年以降に発売された以下のMacに制限される可能性がある事が明らかとなっています(MacRumors)。

  • iMac 27インチ(Late 2015)以降
  • MacBook Pro(2016)以降
  • Mac mini(2018)
  • Mac Pro(2019)
  • MacBook Air(2018)
  • MacBook(Early 2016)以降

実際はSidecarをサポートしない古いMacのブラックリストが存在し、以下のコマンドを実行することで、ブラックリスト中に含まれる一部のMacでもSidecarが利用できる見込みです。

defaults write http://com.apple .sidecar.display allowAllDevices -bool YES

一方iPad側の要件に関しては、iOS 13が動作する最も古い機種の1つであるiPad Air 2でSidecarが動作したという報告があるようで、iOS 13(iPadOS)がインストール可能な全てのiPadでSidecarが動作する可能性があるようです。

スポンサーリンク