Apple初のRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」がオブソリート扱いに

Pexels photo 209500

Appleは4日(現地時間)、Apple製品のサポート情報を掲載する「Vintage and obsolete products」ページを公開し、「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」をオブソリート製品に設定したことがわかりました(MacRumors)。

MacBook Pro (Retina, Mid 2012)は2012年月11日にWWDCで発表された、Retinaディスプレイを搭載する初めてのMacBook Proです。機能性とポータビリティを兼ね備え、著名な開発者Marco Arment氏もこれまでで最高のラップトップだと称賛した、名機として知られています。

なおAppleの定義によると、ビンテージ製品は製造中止から5年以上7年未満の製品(米国およびトルコのみが対象、その他の国ではオブソリート製品扱い)で、オブソリート製品は製造中止から7年以上が経過した製品となっています。

オブソリート製品に対するハードウェアサービスは終了し、サービスプロバイダでもオブソリート製品の部品は発注できず、製品の修理ができなくなった事を意味しています。

日本語のサポートページ「ビンテージ製品とオブソリート製品」はまだ更新されていませんが、今後追随することが予想されます。

スポンサーリンク