OLEDタッチバー搭載の新型「MacBook Pro」の写真がリーク - USB-Cポートを4つ搭載か

NewImage

OLEDタッチバーの搭載を含めた大幅な筐体のモデルチェンジが見込まれている新型の「MacBook Pro」。2016年中の発売が予想されるこの新型MacBook Proのものとされる筐体の写真をCult of Macが公開し注目を集めています(MacRumors)。

Cult of Macが入手した写真は中国にあるAppleの製造パートナー企業で働いている人物から、匿名の情報として送られてきたもの。

キーボードと筐体サイズの比較よりMacBook Pro 13インチの筐体を撮影したもののようで、キーボード上部のファンクションキーの部分が、OLEDタッチバーが搭載可能な形状となっていることが分かります。

NewImage

また筐体の左右から撮影した写真を確認するとUSB-Cポートが左右に2個ずつ、合計4つ存在し、ヘッドフォンジャックはあるもののSDカードスロットや、電源供給用のMagSafeコネクタが廃止されていることがわかります。さらにスピーカーグリルはキーボードの左右に存在し筐体全体がわずかに薄くなっている模様。

Appleは13インチ/15インチMacBook Proの完全な刷新を計画しており、筐体を薄型化するとともにファンクションキーを置き換えるOLEDタッチバーを導入することが予想されています。Touch IDの導入も計画されているようですが、これはOLEDタッチバーの部分に埋め込まれることが予想されます。

今回の写真が本物かどうかは不明ですが噂情報にかなり一致したものであるといえそうです。

スポンサーリンク