リークか!?12インチの「MacBook Air 2015」の詳細情報が明らかに

NewImage

Appleの噂情報でお馴染みの海外テックサイト9to5Macが、発売が期待される12インチ版「MacBook Air 2015」の詳細な仕様を公開し話題となっています(MacRumorsThe VergeiDownloadBlog)。

9to5Macの情報は、Apple内部の情報源から入手したもの。MacBook Air 2015では、完全なモデルチェンジが行われ、筐体は薄く、軽くなり、高解像度ディスプレイを搭載。フルサイズのUSBポートや、MagSafeコネクター、SDカードなどのレガシーポート類が廃止されるだろう、と大胆に予測しています。

12インチ版MacBook Airのサイズは?

12インチ版MacBook Airは13インチ版MacBook Airはもとより11インチ版MacBook Airよりもわずかに小さいサイズ。この驚異のサイズには狭ベゼルが貢献してます(そのかわり厚みは11インチ版より若干増すらしい)。

NewImage

モデルチェンジは外観の変更だけにとどまらず、キーボードやトラックパッドにも及んでいます。キーボードは上の画像のようにキーの間隔が狭くなり、ファンクションキーや矢印キーのレイアウトも変更。トラックパッドは、11インチ版MacBook Airと同じ幅ながら、高さはわずかに大きくなるよう変更され、クリック時のエフェクトが新しくなるとのことですが詳細は不明です。

ポートも大胆に省略

NewImage

左側にUSB Type-Cが、右側にヘッドフォンジャックだけが残る超シンプルな構成になるのではと予測されています(まだテスト中でレガシーポートが残る可能性もあると断りがありますが)。

USB Type-Cは昨年話題になったUSBの新規格で、USB本来の機能はもとより、強化された給電能力、ディスプレイ出力機能など、さまざまな用途で利用が期待されるもの。さすがに1ポートだけでは心もとないので、ハブを使ってより多くのデバイスを接続可能になるのではと予想しています。

まとめ

新型のMacBook AirはApple社内では「MacBook Stealth」と呼ばれているようです。MacBook Proに押され影が薄くなっている印象のあるMacBook Airですが、待望のリニューアルモデル投入で、一気に存在感を増してくるかもしれません。

プロセッサ/メモリ/SSD容量/価格がどのくらいになるのか今後の情報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク