Retina対応のMacBook Air 12インチモデルは第2四半期に出荷開始との噂。しかし9日の発表があるかも?

Macbookretina

WSJは新しい、Retina対応のMacBook Air 12インチモデルが、2015年第2四半期中に出荷開始になると予想し、注目されています。

While suppliers are gearing up to ship the new 12-inch MacBook Air in large quantities in the second quarter, Apple’s launch schedule remains unclear, the people said.

「サプライヤーは第2四半期に大量に、12インチのMacBook Airを出荷する準備進めているが、Appleの発表スケジュールはまだ不明なままだ」。

出荷開始の日程があたっているとして、もう一つ気になるのは、AppleがいつMacBook Air 12インチを発表するかということです。出荷開始日から考えると、例年第2四半期の終わり頃に開催される、WWDCがそれらしいのですが、9to5Macは、3月9日に行われる、Apple Watch発表イベントでのお披露目もありうるのではないかと予想しています。

理由は、MacBook Air 12インチモデルが、既存製品のリニューアルではなく、全く新しい製品であるためで、Apple Watchのように発表から発売まで、長めの時間が取られるのではと見ているのです。Apple Watchイベントのもう一つの核として、MacBook Air 12インチモデルの発表があるのかどうか。答えはもうすぐ明らかになります。

スポンサーリンク