MacBook Air 2013のベンチマーク結果、CPUが若干落ちるもディスクが激速

NewImage

販売が開始されたMacBook Air 2013のベンチマークがあちこちで計測され始めています(ガジェット速報Macお宝鑑定団TUAW)。

おおまかにいって、MacBook Air 2012と比較すると、GeekBenchのスコアで微減、GPUあまり変化なし(?)、バッテリー性能向上、ディスクスピード大幅向上(433.4 MB/s Write / 725.4 MB/s Readで 15-inch MacBook Pro Retinaの2倍ぐらい)。

CPU性能が振るわなかったのはCPUクロックが抑えられているかららしく、GeekBencherにとってがっかりの結果かもしれません。とはいえ、持ち運び用途だとバッテリー持続時間のほうが重要かもしれないので、モバイル重視の人は2013年型のほうがよいと思います(型落ち2012を安く買うという手もあるか)。

スポンサーリンク