MacBook Air 2014のストレージ速度が2013モデルより遅い事が判明

Mba

先日発売されたMacBook Air 2014の各種ベンチマークテストをMacworldが実施したところ、CPU系のベンチマークは確実にスコアアップしていたものの、ストレージ速度は2013モデルよりも遅くなっているという、意外な結果が計測され、注目を集めています(MacworldMacrumors)。

Finder Test

例えば6GBのファイルとフォルダをコピー/Zip/Unzipするのに要した時間を比較する「Finder tests」の結果は以下の通り。確かに、MacBook Air 2013モデルのほうが時間が短い(=高性能)である事がわかります。

New 2014 MacBook Air Performance benchmarks

2013年の11インチモデルではファイルコピーに28秒かかっていたのが、2014年の11インチモデルでは53.9秒もかかっています。2倍近く遅くなっているような…。

Blackmagic Disk Speed Tes

Blackmagic Disk Speed Test App
カテゴリ: ビデオ
価格: 無料

おなじみの「Blackmagic Disk Speed Test」によるテストも実施されていました。このテストはwrite/read(Mbps)速度を比較するものなので、数字が大きいほうが高性能となります。そして、こちらでもやはり2013のほうが高評価となっています。

- 2014 11-inch with 128GB SSD: 306/620
- 2014 13-inch with 256GB SSD: 520/676
- 2013 11-inch with 256GB SSD: 687/725
- 2013 13-inch with 128GB SSD: 445/725

まとめ

なぜかこのテストでは、2013年モデルと、2014年モデルで、ストレージのサイズが異なるものどうしを比べているので、単純に比較することはできないのですが、全体の傾向として遅くなっているということは言えそうです。

速度が遅くなった原因ははっきりしませんが、コメント欄ではSSDメーカーの違いが指摘されていました。2014年モデルでは今のところSanDisk製しか確認できていないようですが、2013年モデルではSamsung、Toshiba、SanDiskなど複数メーカーが存在していて、Samsung製のほうがSanDisk製より速かったとのこと。

スポンサーリンク