「MacBook Late 2008」のストレージを「Samsung SSD 840 EVO」に交換

IMG 1835

いまだに粘り強く愛用している「MacBook Late 2008」のストレージを「Samsung SSD 840 EVO」(MZ-7TE250B/IT)に交換してみました。Samsung SSD 840 EVO は250GBクラスのSSDの中では一番安く、1万5千円ぐらいで入手できるところが魅力的。正規代理店保証が3年つくので、故障しても一応安心です。

実はMacBook Late 2008のストレージは、HDDからSSD (Crucial RealSSD C300)に換装済みなので、今更さらに新しいSSDに交換するのは躊躇したのですが、ターボライトテクノロジーのような新技術で、さらに速度が向上する事に期待しました。

ディスクの入れ替え

IMG 1838

外付けHDDケースKURO-DACHI/CLONE/U3に840 EVOを装着して、ディスクをコピーします(KURO-DACHIはUSB 3対応ケースですが、USB 2接続でも問題なく動きます)。

コピーする方法はいろいろありますが、Carbon Copy Cloner(CCC)を使うのが最も簡単です。Mavericksの復旧用のパーティションもクローンしてくれます。

IMG 1843

コピーが完了したら「option」キーを押しながらMacBookを起動して(Intel ベースの Mac で利用できる起動時のキーコンビネーション)、起動メニューが表示できるかどうか確認します。実際に外付けから起動することもできます。外付けディスクから自由に起動できるのはMacの良い所ですね。

IMG 1833

正常にコピー出来たことを確認したら、いよいよSSDを交換します。といっても、MacBook Late 2008はネジなしでストレージ/バッテリーを交換できるという神メンテナンス性を実現しているので、とても簡単。

IMG 1845

完了。SSDの留め具を外すのにトルクスドライバとプラスドライバが必要です(後述)。

ベンチマーク

今回は真面目にXbenchベンチマークでディスク速度の差を測ってみました。

■C300 (換装前)


Results	342.57	
	System Info		
		Xbench Version		1.3
		System Version		10.9 (13A603)
		Physical RAM		8192 MB
		Model		MacBook5,1
		Drive Type		C300-CTFDDAC256MAG
	Disk Test	342.57	
		Sequential	210.89	
			Uncached Write	344.89	211.76 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Write	278.70	157.69 MB/sec [256K blocks]
			Uncached Read	100.01	29.27 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Read	403.16	202.63 MB/sec [256K blocks]
		Random	912.00	
			Uncached Write	1118.47	118.40 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Write	523.68	167.65 MB/sec [256K blocks]
			Uncached Read	1696.70	12.02 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Read	1007.10	186.88 MB/sec [256K blocks]

■EVO 840 (換装後)

Results	417.90	
	System Info		
		Xbench Version		1.3
		System Version		10.9 (13A603)
		Physical RAM		8192 MB
		Model		MacBook5,1
		Drive Type		Samsung SSD 840 EVO 250GB
	Disk Test	417.90	
		Sequential	263.02	
			Uncached Write	358.35	220.02 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Write	286.11	161.88 MB/sec [256K blocks]
			Uncached Read	153.96	45.06 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Read	411.98	207.06 MB/sec [256K blocks]
		Random	1016.50	
			Uncached Write	1258.10	133.18 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Write	540.08	172.90 MB/sec [256K blocks]
			Uncached Read	2683.22	19.01 MB/sec [4K blocks]
			Uncached Read	1091.78	202.59 MB/sec [256K blocks]

やはり圧倒的な差はありませんが、Read/Writeともに少しずつ速度向上していることが分かります。リンク速度は「3ギガビット」でちゃんとリンクしています。

まとめ

今回はSSD→SSDという交換だったので、HDD→SSDほどの感動はありませんでした。現状SSDを使っている場合、わざわざ新しいSSDに交換しても効果は薄いかもしれません。もちろん今HDDで使っている人はSSD交換を断然オススメします。MacBook Late 2008もWebブラウズや軽めの作業だったら、まだまだ使っていけると思います。

以下今回作業に使用した道具など。

  • Samsung SSD 840 EVO (MZ-7TE250B/IT)
  • 00番プラスドライバー
  • T6トルクスドライバー
  • KURO-DACHI/CLONE/U3

00番のプラスドライバーと、T6トルクスドライバーは、MacBookPro / MacBook / Mac mini などの分解の際に大活躍するドライバーです。ネジがなめてからではおそいのでしっかりしたものを購入することをオススメします。

スポンサーリンク