MacBook Pro 2016以降のモデルで「フレックスゲート」が発生中 - ディスプレイにステージライト効果が発生

Macbook pro flexgate 800x449

2016年以降のMacBook Pro、特にTouch Barを搭載したモデルで、ディスプレイの下部に「ステージライト効果」が発生するディスプレイの問題が報告されていることがわかりました(MacRumors)。

問題を詳細に分析したiFixitのブログ記事「Flexgate: The design flaw behind MacBook Pro's "stage light"」によると、問題の根本的な原因は、2016年以降のMacBook Proでディスプレイとディスプレイコントローラーボードを接続するため使われるようになった、細くて壊れやすいフレックスケーブルにあるとのこと。以前のモデルのようにヒンジの中を介して配線されているわけではないため耐久性に劣り、経年劣化によって破損しやすくなっているとのことです。

Macbook pro 2016

フレックスケーブルはディスプレイに統合されているため個別に交換は不可能。有償修理の場合、ディスプレイユニット全体を交換する必要があり600ドル以上かかる模様です。

Appleは現在修理プログラムを発動していませんが、具体的な症状はまとめサイトのFlexgateや、Apple CommunityMacRumors Forumsといったオンラインフォーラムで確認可能です。

スポンサーリンク