【悲報】MacBook Pro(Late 2016)、Consumer Reportsの推薦状を得られず

S 20161224 101442

Appleが先日販売を開始したMacBook Pro(Late 2016)が、MacBook Proシリーズとしてははじめて、Consumer Reportsの購入推薦を受けることに失敗したことが話題となっています(MacRumors9to5Mac)

Consumer Reportsが評価したモデルは、2016年型MacBook Proの13インチTouch Bar有り・無しの両モデルと、15インチTouch Bar有りモデルで、評価が低かった理由として、バッテリーの持続時間がテストごとに一定でないことがあげられています。

The MacBook Pro battery life results were highly inconsistent from one trial to the next.

MacBook Proのバッテリ持続時間のテスト結果は、テストとテストの間で一環していなかった。

For instance, in a series of three consecutive tests, the 13-inch model with the Touch Bar ran for 16 hours in the first trial, 12.75 hours in the second, and just 3.75 hours in the third. The 13-inch model without the Touch Bar worked for 19.5 hours in one trial but only 4.5 hours in the next. And the numbers for the 15-inch laptop ranged from 18.5 down to 8 hours.

たとえば、一連の3回連続したテストでは、Touch Barを搭載した13インチモデルが、最初のテストで16時間、2回目に12.75時間、3回目でわずか3.75時間の結果となった。 Touch Bar非搭載の13インチのモデルは、1回目のテストで19.5時間、次のテストでは4.5時間しか動作しなかった。 また、15インチのラップトップは18.5から8時間の範囲で変動した。

テストごとにバッテリーの持続時間のばらつきが非常に大きいことから、評価のスコアが下がり、Consumer Reportsの推奨モデルの基準を満たすことができなかったとされています。

AppleはmacOS Sierra 10.12.2から、「正確でないから」という理由で、バッテリーの残り時間の予測機能を削除しました。省電力技術が発展する反面、使用状況によってバッテリーの持続時間が大きく変動する現状が、今回のConsumer Reportsによるバッテリーテストのばらつきにも反映しているのかもしれません。

AppleはConsumer Reportsの結果に対してコメントを否定しましたが「Macや操作に関して疑問を持っているユーザーは、AppleCareに連絡ください」とメールで伝えています。

スポンサーリンク