【KGI】新型MacBook ProにはOLEDタッチバーとTouch IDが搭載か?

NewImage

Apple関連製品の予想でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、次期MacBook Proで筐体が刷新され、OLEDディスプレイを使ったタッチバーと、Touch IDが搭載されるという大胆な予想を行い注目を集めています(MacRumors9to5MacEngadget日本版)。

While long overlooked, the MacBook line is the brightest spot for Apple’s 2016 rollouts. This is particularly true of the two new MacBook Pro models, to be introduced in 4Q16, as they will have a thinner and lighter form factor, Touch ID, use OLED display touch bar (to replace physical function keys, located above the keyboard) and adopt USB- C / Thunderbolt 3.

新型のMacBook Proの筐体はこれまでよりも薄く、軽量化され、金属を射出成形したヒンジと、12インチMacBookで採用されている超薄型のバタフライ構造のキーボードを採用。Touch IDの他、キーボード上部に位置し物理的ファンクションキーを置き換える「OLEDディスプレイバタッチバー」なるものが搭載されると見込まれています。インターフェイスはUSB-C / Thunderbolt 3。

Engadget日本版では「OLEDタッチバー」のイメージとして、ThinkPad X1 Carbonで採用されたAdaptive Keysを紹介しています(とはいえAdaptive KeysはThinkPad X1 Carbon 2015年モデルで採用が取りやめとなっているようですが…)。

また製品のラインナップに関して、MacBook Proは13インチ/15インチ構成でハイエンドモデルを構成し、現在12インチのみのMacBookに13インチ版が追加されミドルレンジに、現在のMacBook Airが安価なエントリーモデルになると予想されています。

新型MacBook Proの発売は2016年の第4四半期とされています。9to5Macも独自の情報筋から同様の情報を入手したと主張しており、今年の終わりにはひさびさにMacBook Proの大きな変更が見られる可能性が高そうです

スポンサーリンク