【KGI】MacBook Pro 2017ではデスクトップクラスの32GBのRAMが使用可能となる?

Macbookpro

おなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が調査レポートを発表し、Appleが今年発売する新型のMacBookシリーズに、Kaby Lakeプロセッサが搭載されるなどとした新たな分析を行っていることがわかりました(MacRumors9to5Mac)。

まず、Kaby Lakeプロセッサを搭載した12インチ型のMacBookは、第2四半期から生産が始まり、ハイエンド向けに最大16GBのRAM容量の選択オプションが追加されるとのこと。

一方13インチ、15インチのMacBook ProにもKaby Lakeプロセッサが搭載され、こちらは第3四半期から生産が始まる見込みです。最大RAM容量は明示されていませんが、現行モデルのメモリデザインの制限により16GBの制限が残る可能性があるようです。

その代わりにKuo氏は、新しい「15インチMacBook」モデルに言及しており、第4四半期から生産に入るこのモデルに32GBのデスクトップクラスのメモリが搭載され、2017年最大級の再設計が行われると予想しています。

また13インチMacBook Airは廃止となり、13インチのTouch BarなMacBook Proがその代わりのラインナップになるとのこと。

新型MacBook Proの不満の一つに最大RAM容量が16GBまでしかないことがあげるパワーユーザーが多数存在しました。今年こしはこの不満が解消されるのか注目が集まりそうです。

スポンサーリンク