MacBook Pro 2018の新型キーボードはホコリ対策としてシリコンの膜を採用か - iFixitが指摘

Macbookpro keyboard

Appleが先日発売を開始したMacBook Pro 2018では、これまでよりも静かにタイピングできるように改良された「第3世代のキーボード」が採用されていると説明されています。

この第3世代の新型キーボードが、従来のバタフライキーボードのホコリなどによって動作不良が発生しやすいという問題を解決しているものかどうかはっきりとしてないなか、おなじみの修理業者iFixitがさっそく新型MacBook Proのキーボードを分解し、各キーボードがシリコン製の薄い膜で覆われていることを指摘しています(9to5Mac)。

MacBook Pro 2018のキーボードの各キートップの下は、シリコン製の薄い膜で覆われているそうで、タイプ時の音を減少させるとともに、ホコリの侵入を防止する役割を担っているのではないかと見込まれています。

ただしiFixitはまだ完全に検証できたわけではなく、シリコン膜が実際にホコリの侵入防止に役立っているのか、今後のレポートで明らかにすると説明しています。

スポンサーリンク