iFixit、MacBook Pro 2019の第3世代バタフライキーボードの改良点を明らかにしてしまう

2019 macbook pro keyboard ifixit

Appleが先日発売を開始したMacBook Pro 2019は、修理プログラムが発動している第3世代バタフライキーボードの改良型が搭載されています。Appleは素材の改良を行ったと説明していましたが、具体的にどのような変更が行われているのかをiFixitがキーボードを分解し調査しています(MacRumors)。

iFixitが公開した分解レポート「MacBook Pro 15" Touch Bar 2019 Teardown」によると、改良型バタフライキーボードでは、キートップの下のシリコンメンブレン膜に「わずかな変更」が認められたとのこと。

MacBook Pro 2018のメンブレン膜は半透明でシリコンのように感じられるポリアセチレン素材だったのに対し、MacBook Pro 2019のものは、より透明で手触りが滑らかなポリアミド(ナイロン)素材に変更されていると分析しています。

2019 macbook pro key switches

その他キートップの下にあるメタルドームスイッチにも同様に微妙な変更が行われており、耐久性やその他の問題を軽減するために、表面処理や素材が変更されていると解説しています(底部に薄いポリマーコーティングを施したフェライト系ステンレス鋼)。

なおMacBook Pro 2019のその他の内部構造はMacBook Pro 2018とほとんど差がなかった模様。

これらの改良によってバタフライキーボードの問題が解決する事を期待したいところですが、修理プログラムに発売したばかりの「MacBook Pro 2019」が含まれていることから考えると、抜本的な問題の解決とはなっていないのかもしれません。

スポンサーリンク