Apple、8コア搭載の新型MacBook Pro 2019を突然発表 - キーボードも改良済み

Applenewmacbookpromodels

Appleは本日、新型の13インチおよび15インチ「MacBook Pro」を発表しました(MacRumors)。

新モデルは第8世代または第9世代のIntel Coreプロセッサを採用し、ハイエンドモデルではMacBook Proとしては初めて8コアプロセッサが利用可能となっています。

8コアモデルは、4コアモデルの2倍、6コアモデルの40%の高速化を実現し、史上最速のMacノートブックを実現しています。15インチのMacBook Proで採用された6コア/8コアのIntel CoreプロセッサはTurbo Boostによって最大5.0 GHzに到達し、4コアモデルも最大4.7GHzとなっています。

そのほかの特徴は、Retinaディスプレイ、超高速SSD、Apple T2セキュリティチップ、終日使用できるバッテリー持続時間など従来とあまり変わっておらず、変更は内部的なものに留まっています。

なおThe Loopによると新モデルは改良されたバタフライキーボードを搭載している模様。

Another change in the newest MacBook Pro computers is with the keyboard. While Apple says the vast majority of its customers are happy with the keyboard, they do take customer complaints seriously, and work to fix any issues.

To address the problem, Apple said they changed the material in the keyboard's butterfly mechanism that should substantially reduce problems that some users have seen.

キーボードのバタフライメカニズムの素材が変更されれているとのこと。

The Vergeは、現在キーボード修理プログラムが発動している第3世代バタフライキーボード搭載機種(MacBook Pro、MacBook Air、MacBook)も修理によって、今回の新しいキーボードに交換される場合があると伝えています。

なお価格は13インチモデルが198,800円(税別)から、15インチモデルが258,800円(税別)からで、本日から注文が可能となっています。

スポンサーリンク