MacBook Pro 2016のGPU問題の原因はサードパーティ製アプリか?

19227 19361 161202 Graphics l

Appleが先日より発売を開始した新型MacBook Pro 2016では、画面が突然点滅したりランダムな模様が表示されたりといったGPU関連の問題が報告されています。現在のところ原因は特定されておらず、Appleからもコメントは発表されていませんが、問題がハードウェアではなく、一部GPUを酷使するサードパーティ製(?)ソフトウェアにあるのではないかと指摘されているようです(AppleInsider)。

例えばMacRumorsのフォーラムメンバーJan Becker氏は、AMD Radeon Pro 460 GPUを搭載したMacBook Pro 15インチでGPUグリッチに遭遇。 最終的にApple Storeに修理を依頼したそうですが、Adobe Premiere Proを利用して動画を処理している際にクラッシュが頻発していたとのこと。その他にもAdobe PhotoshopやLightroomといったグラフィックアプリ使用中に問題が発生するとの報告が多くなされています。

問題はRadeon Pro 460 GPUを搭載した15インチのMacBook Proで多く報告されていますが、これはハイエンドマシンがグラフィックや動画の処理に使われる頻度が高いため報告例が多くなっているだけかもしれません。AMD Radeon Pro 450通常版を搭載したマシンや、Intelの統合GPUを使用する13インチMacBook Proでも報告例は存在するため、ハードウェアではなく、ソフトウェアにあるのではないかと考えられます。

Appleは問題が発生したユーザーに対し、サポートを利用して問題を解決することを推奨している模様です。

不具合の動画がYouTubeに多数掲載されています。

スポンサーリンク