【悲報】MacBook Pro Late 2016でもGPU関連の不具合が報告される

Glicth1

Appleが発売したMacBook Pro(Late 2016)は、Touch Barの魅力もあり、これまでの記録を破るほどの好調な売れ行きを見せているとされています。そのようなか、この新型MacBook ProでGPU関連の発生しているという気になる情報が報じられています(9to5Mac)。

BitBagによると発生している不具合は、MacBook Pro 2016が開封直後から起動画面でクラッシュし、カスタマーサービスに連絡するしかなくなったというものから、ディスプレイコントローラーが切り替わる際に、画面が乱れるというものなど様々。

S 20161126 102221

9to5Macのアンケート調査では、「15-inch MacBook Pro with Radeon Pro 460 GPU」という、dGPU搭載搭載型の15インチMacBook Proの不具合発生率が高くなっていますが、dGPUを搭載していない13インチのMacBook Proでも不具合はゼロではないようです。

現在のところ不具合の原因ははっきりしていませんが、問題がソフトウェアによるものならば今後のFirmwareやOSのアップデートによって修正されることになりそうです。

スポンサーリンク