Apple、MacBook Pro Late 2016用のスペシャルデータ復旧ツールを準備していた

Apple cdm macbook pro tool

Appleが発売した最新型のMacBook Pro(Late 2016)のTouchBar搭載モデルは、SSDがロジックボードにはんだ付けされていることがiFixit等の分解によって発見されています。

S 20161125 71918

はんだづけされたSSDには、購入後のアップグレードが不可能になるというデメリットのほか、修理の際データの取り出しが困難になるという故障時の問題が考えられますが、Appleはこれに対し、特殊なデータ復旧ツールを準備していることが判明しました(9to5Mac)。

情報筋によると、データ復旧ツールはMacBook Pro(Late 2016)用に特別にデザインされたもので、ロジックボードに存在する、分解時には用途不明とされていた謎のコネクタを利用してデータを取り出すことができるようです。

ツールは故障したMacBook Proのロジックボードを挿入するロジックボードホルダーと電源ユニットを含み、一方の端を別のMacBook ProにUSB Type Cコネクタ経由で接続してデータを転送します。

このツールによって、GPUやディスプレイ、ロジックボードの故障などストレージ以外の原因によってMacが起動しなくなった場合は、Apple StoreやサービスプロバイダーにMacを持ち込むことで、データを復旧できる可能性があることになります。

スポンサーリンク