【悲報】macOS 10.13.4でDuet DisplayだけでなくAirDisplayやDisplayLinkドライバーも動作せず

Apple computer desk 159643

先日macOS High Sierra 10.13.4で有名なiPadサブディスプレイ化アプリ「Duet Display」が動作しなくなったことをお伝えしました。

開発元はユーザーに対し、問題が解決するまで10.13.4へのアップグレードを控えるようよびかけるなか、問題はDuet Displayだけではなく、同様の機能を提供するAirDisplayや、USB接続のディスプレイを使用するために使用されるDisplayLinkドライバーでも発生していることがわかりました(AppleInsiderslashdot)。

問題が議論されているDisplayLinkのフォーラムによると、開発側はmacOS 10.13.4アップグレード後にDisplayLinkドライバーを利用して接続したディスプレイがブランク表示になることを認識していて、根本的に問題が解決するまで、クローンモードを有効にする新しいドライバをリリースする予定とのことです。しかし10.13.4ではミラーモードや拡張モードの表示はできず、これらのモードを利用する場合10.13.3に留まることが推奨されています。

開発元はmacOS High Sierra 10.13.4の不具合として、Appleにバグレポートを行い協力して問題解決に当たっていると主張しています。macOS High Sierra 10.13.4ではeGPUの公式サポートが追加され、ディスプレイ関連機能に大きな修正が加わったため、この影響を受けているのかもしれません。

問題が早期に解決することを期待したいと思います。

スポンサーリンク