macOS 11へのインクリメントは無し? macOS 10.13を参照したMac App StoreのURLが見つかる

Macos sierra

Appleが今年リリースするmacOSのバージョンは「macOS 11」ではなく「macOS 10.13」になるのかもしれません。macOS 10.13を参照するMac App StoreのURLが、Apple関連のディープな情報を提供することでおなじみのブログPike's Universumにて発見され注目を集めています(MacRumors)。

Catalogurl 10 13

URLはapple.comへの正当なhttpsリンクで、Pike's Universumdeは完全なURLは提供されていませんが、MacRumorsは画像のリンクが以下のURLであることを突き止めています。

https://swscan.apple.com/content/catalogs/others/index-10.13seed.merged-1.sucatalog.gz

また、現時点でmacOS 10.13で分かっていることは少ないとしながらも、以下のグラフが指し示すように、macOS 10.13が稼働しているマシンを利用したMacRumorsのサイトへの訪問者が増え続けているとも説明しています。

Macos 10 13 visits feb23

例年通りのスケジュールならば、WWDC 2017にあわせて開発者向けに公開、さらには10月頃に一般公開という予定になるのかもしれません。

スポンサーリンク