macOS 10.15ではiPadのセカンドディスプレイ化が可能に?

Luna display macbook

今年の秋に公開が予想されるmacOS 10.15では、iPadがMacのセカンドディスプレイとして使用できるようになるかもしれません。9to5MacのGuilherme Rambo氏が、macOS 10.15の開発に精通した人物から入手した情報として伝え注目を集めています(MacRumors)。

この情報によるとmacOS 10.15にはアプリのウィンドウを外部ディスプレイに移動することができる新機能が含まれているとのこと。ここでいう外部ディスプレイにはMacに接続された通常のディスプレイのほか、iPadも含まれているそうです。

新機能は内部的に"Sidecar"と呼ばれ、ウィンドウの緑の最大化ボタンにマウスカーソルを重ねることで開くメニューによって操作することができる模様。メニューから、ウィンドウをフルスクリーンにしたり、タイル表示にしたり、外部ディスプレイに移動したりといった各種操作を呼び出す仕組みです。

また接続したiPadがApple Pencilをサポートしている場合、iPad上でApple Pencilを使用して描画することも可能となり、iPadをWacomのタブレットのように使用することもできるそうです。ウィンドウをWindowsのようにディスプレイの片側にスナップする機能も開発されているとされています。

iPadのセカンドディスプレイ化は現在でも、Duet DisplayやLuna Displayといったサードパーティ製アプリを利用すれば実現可能ですが、macOSに組み込まれることになれば、さらなる使い勝手の向上が期待できそうです。

スポンサーリンク