macOS Big SurにMac用Face IDの証拠見つかる

Face ID Mac

9to5MacがmacOS Big Sur beta 3のコードを調査し、AppleがFace ID搭載Macの準備をしている事を示唆する証拠を見つけたことがわかりました。

同記事によるとmacOS Big Sur beta 3には「PearlCamera」をサポートするための拡張機能が含まれいた模様。これはAppleがTrueDepthカメラとFace IDに使用している内部コードで、2017年のiPhone Xのリークで初めて明るみにでています。

拡張機能内には"FaceDetect"や"BioCapture"といったiOSで使用されているものとにたコードも見つかり、Catalystの影響でまぎれこんだiOS用のものではない事も確認したそうです。

ただし、Mac用Face IDの開発はまだ初期段階で、実機が登場するのは、MacのプロセッサがAppleシリコンへ移行してからになるのではないかと予想されています。Face IDを実装するために、Aシリーズプロセッサに含まれるニューラルエンジンが必要なためです。

現在Macで生体認証が利用できるのは、Touch IDを搭載したMacBook Air/Proだけで、MacにFace IDが搭載されれば、キーボードを内蔵していないiMacでも便利な認証機能が利用可能になることが期待できます。

スポンサーリンク