Apple、macOS Big Surの初のパブリックベータ版を公開 - iOS 14/iPadOS 14のPublic Beta 4も

S 20200710 90341

Appleは本日、2020年秋に公開予定の「macOS Big Sur」の初のパブリックベータ版を公開しました(AppleInsider)。同時にiOS 14とiPadOS 14のPublic Beta 4も公開されています。

Apple Beta Software Programに参加しているベータテスターは、同Webサイトを利用して最新版をインストールすることができます。

Apple Beta Software Programは誰でも参加可能ですが、インストールは自己責任で、事前に端末のバックアップをとってから実行することが推奨されています。ベータ版は正式版ではないため、エラーや不具合が多く、さまざまな機能が正常に動作しないことが考えられるためです。

macOS Big Surでは、Dockや通知センターの刷新、コントロールセンターの追加などUIの変更や、Safariやメッセージ、マップなど標準アプリの改良が行われています、Intel搭載MacのほかAppleシリコン搭載Macにも対応します。

一方、iOS 14でも、ホーム画面ウィジェットや、全てのアプリを自動的にまとめてくれるAppライブラリ機能の追加、コンパクトな着信UIの導入、ピクチャ・イン・ピクチャへの対応、メッセージ、マップ、Siriの改善、翻訳アプリの追加など、多くの新機能が追加されています。

スポンサーリンク