macOS Catalina 10.15.4追加アップデートが公開 - FaceTimeの不具合修正など

S 20200409 91729

Appleは本日、「macOS Catalina 10.15.4追加アップデート」を公開しました(MacRumors)。

macOS Catalina環境では、システム環境設定のソフトウェアアップデート機能を利用してインストールすることができます。

追加アップデートはMacの安定性とセキュリティを改良するもので、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前で動作しているデバイスとのFaceTime通話に参加できなかった問題の修正や、Office 365に関する問題の修正、MacBook Air 13インチ(2020)に関する不具合の修正、MacのUSB-Cポートが反応しなくなることがある問題の修正などが行われています。

リリースノートは以下の通りです。

* macOS Catalina 10.15.4で動作しているMacコンピュータから、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前で動作しているデバイスとのFaceTime通話に参加できなかった問題を修正
* Office 365アカウントのパスワードを繰り返し求められることがある問題を解決
* MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)で、設定アシスタントの途中や、4Kまたは5Kの外部ディスプレイを接続解除してから再接続したときにフリーズすることがある問題を修正
* MacのUSB-Cポートが反応しなくなることがある問題を解決

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222

スポンサーリンク