Apple、macOS Catalina 10.15 beta 4を公開 - Swift UIが破壊され MacBook Air 2019はサポートせず

Macos catalina apple music 800x477

Appleは本日、macOS Catalina 10.15 beta 4を開発者に対して公開しました(MacRumors)。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
macOS Catalina 10.15 beta 4 19A512f 2019/07/16(米国時間)

beta 4の既知の不具合として、macOS Catalina beta 4でXcode 11 beta 3を使用すると、SwiftUIプレビューが機能しなくなるという問題がリストアップされています。この不具合はXcode 11 beta 4で修正される予定です。またMacBook Air 2019はサポートしていませんが、将来のbetaでサポートされる予定です。

macOS Catalinaでは今年の秋に正式版が公開される予定のmacOSのメジャーバージョンアップ版で、iTunesのミュージック、Podcast、TVアプリへの分割や、iPadをセカンドディスプレイとして利用できるSidecar機能の追加、iOSデバイスで利用できるスクリーンタイムの導入、写真アプリの刷新などが行われます。

スポンサーリンク