Apple、macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート for MacBook Pro (2018)を公開 - サーマルスロットリングを修正

Macbookprodesign 800x470

Appleは7月24日(現地時間)、「macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート for MacBook Pro (2018)」を公開しました(MacRumors)。MacBook Pro 2018を所有しているユーザーはMac App Storeを利用してアップデートをダウンロード・インストールすることが可能です(他のMacではダウンロードできません)。

今回公開されたアップデートは、特にハイエンドの6コアのCore i9プロセッサで発生すると指摘されていた、熱処理が追いつかずCPUの周波数が下がってしまうサーマルスロットリングを修正するものとみられています。

YouTuberのDave Lee氏が、2.9GHzのCore i9プロセッサを搭載する最上位のMacBook Pro 2018を使用して、Adobe Premiereによる編集作業を行ったところ、数秒後にサーマルスロットリングが発生し、クロック速度が制限されてしまう事を発見した事がきっかけとなり、多くのユーザーによって検証され話題となっていました。

Appleは問題を以下のように謝罪のコメントを発表しています。

Following extensive performance testing under numerous workloads, we’ve identified that there is a missing digital key in the firmware that impacts the thermal management system and could drive clock speeds down under heavy thermal loads on the new MacBook Pro.

多くの作業負荷で広範な性能テストを実施した結果、ファームウェアに、熱管理システムに影響を与えるデジタルキーが存在しないことが判明しました。これはMacBook Proが過熱し負荷がかかった場合にクロック速度を低下させる可能性があります。

A bug fix is included in today’s macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Update and is recommended. We apologize to any customer who has experienced less than optimal performance on their new systems. Customers can expect the new 15-inch MacBook Pro to be up to 70% faster, and the 13-inch MacBook Pro with Touch Bar to be up to 2X faster, as shown in the performance results on our website

バグフィックスは本日のmacOS High Sierra 10.13.6追加アップデートに含まれており、推奨されます。新しいシステムで最適なパフォーマンスが得られていないお客様にはお詫び申し上げます。 ウェブサイトのパフォーマンス結果に示されているように、新しい15インチMacBook Proは最大70%速く、タッチバー付き13インチMacBook Proは最大2倍高速になると期待しています。

"デジタルキー"の欠落によってなぜパフォーマンスが低下することになるのか、具体的な情報は開示されていませんが、
ハードウェアの問題ではなくソフトウェアで解決できる事ならば、それほど深刻な被害ではなかったといえるかもしれません。AppleInsiderはアップデート適用前と適用後でベンチマークテストを比較し、実際にパフォーマンスが向上している事を確認しています。

スポンサーリンク