Apple、macOS High Sierra 10.13追加アップデートを公開 - APFSディスクユーティリティの不具合やキーチェーンの脆弱性を修正

S 20170815 91608

Appleは本日、macOSの最新アップデート「macOS High Sierra 10.13追加アップデート」を公開しました(MacRumors)。macOS High Sierra環境を使用している場合、Mac App Storeを利用して最新版に更新することができます。

macOS High Sierra App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
APFSが導入されたこれまでで最も高いレベルに到達したmacOS。

リリースノートによると今回の追加アップデートでは、インストーラーの堅牢性の向上や、Adobe InDesignを使用する際のカーソルのグラフィックの問題の修正、"メール"でYahooアカウントからメールメッセージを削除できない問題の解消などが行われています。

S 20171006 90050

これとは別にセキュリティ関連の修正も行われており、APFSを暗号化している場合、ヒント情報としてパスワードが表示される不具合の修正や、キーチェーンに含まれるユーザー名やパスワードが不正に取得されてしまう不具合が修正されています。

なおAPFSの暗号化の脆弱性に関しては、別のサポートドキュメントが公開されていて、パスワードが表示された場合の復旧方法が説明されています。

おおまかな手順は、追加アップデートをインストールし、影響する暗号化ボリュームのバックアップを作成し、ボリュームを消去。APFSでフォーマットして暗号化したあと、バックアップから復元する。という流れのようです。詳細はドキュメントをご確認ください。

スポンサーリンク