MacBook Pro 2018向けのmacOS追加アップデートでは、オーディオとカーネルパニックが修正されていた

Macbookprodesign 800x470

Appleは昨日、MacBook Pro 2018向けのソフトウェアアップデート「macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート 2」を公開しました。

アップデートは「MacBook Pro with Touch Barの安定性と信頼性を改良する」ものとされ、具体的な内容は不明だったのですが、MacRumorsはAppleに確認し、スピーカーのオーディオが音割れする問題カーネルパニックの問題が修正されていることが分かったと伝えています。

ただしアップデートによってこれまで報告されていた不具合が全て修正されているかどうかは不明で、オーディオの問題に対しては例えばApple Support Communitiesユーザーのtakashiyoshida氏が「アップデート適用後クラッキングノイズが出力されなくなった」とレポートしているのに対し、RedditのユーザーonceARMY氏は「SafariでYouTubeを視聴してる際にまだノイズが発生する」とコメントしています。

カーネルパニックの問題に対しても、MacRumorsフォーラムのメンバーKing724氏が、アップデート適用後にbridgeOSに関連したシステムクラッシュが発生したとログメッセージを掲載している模様です。

bridgeOSはT2チップを管理するためのソフトウェアで、MacBook Pro 2018と同様にT2チップを採用するiMac ProでもbridgeOSが原因のカーネルパニックが発生するとの報告が昨年から行われています。

スポンサーリンク