AppleがmacOSの更新通知を回避しにくくしている

Catalina software update

Appleは先日、macOS Catalina 10.15.5や、macOS Mojave/macOS High Sierraのセキュリティアップデートを公開しました。この更新のなかに、macOSの更新通知を無視しづらくする変更が含まれていることがあきらかとなっています(MacRumors)。

macOS Catalina 10.15.5のリリースノートには以下のような内容が含まれています。

- Major new releases of macOS are no longer hidden when using the softwareupdate(8) command with the --ignore flag

This change also affects macOS Mojave and macOS High Sierra after installing Security Update 2020-003.

macOS MojaveやmacOS High Sierraでは、システムの環境設定画面やDockにmacOS Catalinaへのアップグレードを要求する通知が表示された場合、「softwareupdate --ignore "macOS Catalina"」によって非表示にできていました。ところがmacOS 10.15.5またはSecurity Update 2020-003では、このコマンドが動作しなくなっているようです。

ターミナルには以下のような内容が表示される模様。

Ignoring software updates is deprecated.
The ability to ignore individual updates will be removed in a future release of macOS.

MacRumors Forumsでは通知を一時的に非表示する他の方法が議論されていますが、AppleがmacOSの更新通知を無視しづらいように機能を変更しているのは確かなようです。

スポンサーリンク