macOS Mojaveの移行アシスタントはさらに多くの情報が転送可能に進化

Macos high sierra migration assistant hero

AppleがWindowsユーザーのために公開している「移行アシスタント」が、macOS Mojaveでは大幅に強化され、アプリのアカウントや連絡先、ドキュメント、電子メール、その他サードパーティアプリケーションのデータを移行可能になることがわかりました(9to5Mac)。

Twitterユーザー@YRH04E氏が発見した情報で、8月5日付けで「Windows Migration Assistant for macOS Mojave 10.14」が公開されているそうです。Apple Developer Programに参加している開発者の方は、専用のダウンロードページからダウンロード可能です。

リリースノートは以下の通り:

Starting in macOS Mojave 10.14 beta, the Setup Assistant and Migration Assistant applications are able to migrate certain data from a PC running Windows. Your accounts are transferred, along with their documents, email, contacts, and calendar data from popular programs such as Microsoft Outlook. In order to migrate your data to your Mac running macOS Mojave 10.14 beta you must download and run the Migration Assistant application for the PC.

macOS Mojaveおよび移行アシスタントはまだどちらもベータ版で、現段階での移行は推奨できませんが、正式版がリリースされた暁にはWindowsユーザーにとって便利な機能となりそうです。

スポンサーリンク