macOS Mojave非互換Macで動作させる「macOS Mojave Patcher Tool」の現状

S 20180930 104346

Appleは先日、macOSの最新版「macOS Mojave」を公開しました。

残念ながらmacOS Mojaveのインストール要件はmacOS High Sierraから大きく変更となり、基本的には2012年以降に発売されたMacに限定されています。

サポート対象外のMacにはmacOS Mojaveは正攻法ではインストールすることができませんが、この制限を回避し、無理矢理macOS Mojaveを動かそうとする有志が存在します。

今回はMacRumorsのフォーラムのスレッド「macOS 10.14 Mojave on Unsupported Macs Thread」にまとめられた、「macOS Mojave Patcher Tool」の現状をまとめてみたいと思います。

サポート対象のMacは?

記事執筆時パッチツールのサポートするMac一覧は以下の通りとなっています:

  • Early-2008 or newer Mac Pro, iMac, or MacBook Pro:
    • MacPro3,1
    • MacPro4,1
    • iMac8,1
    • iMac9,1
    • iMac10,x
    • iMac11,x (systems with AMD Radeon HD 5xxx and 6xxx series GPUs will be almost unusable when running Mojave. More details are located in the Current Issues section below.)
    • iMac12,x (systems with AMD Radeon HD 5xxx and 6xxx series GPUs will be almost unusable when running Mojave. More details are located in the Current Issues section below.)
    • MacBookPro4,1
    • MacBookPro5,x
    • MacBookPro6,x
    • MacBookPro7,1
    • MacBookPro8,x
  • Late-2008 or newer MacBook Air or Aluminum Unibody MacBook:
    • MacBookAir2,1
    • MacBookAir3,x
    • MacBookAir4,x
    • MacBook5,1
  • Early-2009 or newer Mac Mini or white MacBook:
    • Macmini3,1
    • Macmini4,1
    • Macmini5,x
    • MacBook5,2
    • MacBook6,1
    • MacBook7,1
  • Early-2008 or newer Xserve:
    • Xserve2,1
    • Xserve3,1

またサポートするビデオカードはこちらです:

  • Pre-Metal AMD video cards (Radeon HD 6xxx series and older)
  • Pre-Metal Nvidia video cards (GeForce 5xx series and older)
  • Pre-Metal Intel video cards (Intel HD Graphics 3000 and Intel HD Graphics Arrandale)

だいたいのところ2008年以降のMacを対象としていることがわかります。

現在の問題は?

macOS MojaveではMetal関連の不具合が発生している模様です。

  • グラフィックの異常: Metal以前のビデオカードを使用している場合、ライトテーマでは暗いグレーのメニューバーや、Finderのサイドバーが表示される。ダークモードではこれらの不具合が存在しないかわりに、ウィンドウコーナーやDock、メニューバーなどで部の描画がおかしくなる不具合がある(透明度を下げるワークアラウンドが存在)
  • AMD Radeon HD 5xxx / 6xxxシリーズGPUアクセラレーション: 現状、完全なグラフィックアクセラレーションは不可能
  • Early-2008 Mac Pro (MacPro3,1) GPUサポート: Mojaveを実行している場合、Metal互換でMojaveでサポートされている場合でもより新しいAMDカードを使用することが出来ない
  • iSightカメラ: iSightカメラが正常に動作しないマシンあり
  • トラックパッド: MacBook5,2ではマルチフィンガージェスチャーが正しく動作しない
  • Wi-Fiが動かないマシーンもある: Broadcom BCM4321 Wi-Fiモジュールを使用しているMacではWi-Fiが動作しない
  • App Storeクラッシュ: App Storeに埋め込まれた動画のせいでクラッシュか。ビデオ自動再生を無効にすることで回避できる

またハードウェアごとに固有の不具合もまとめられていますので、詳しくはフォーラムの情報をご確認ください。

グラフィック問題が厳しいかも

macOS MojaveはMetail APIをサポートしたMacが必要ということもあり、ツールを利用して非互換Macに無理矢理インストールした場合、グラフィックに関連した不具合が発生している模様です。

実際に確認したわけではありませんが、実験用ならともかく現状では、常用するには厳しい部分があるのかもしれません。

なおmacOS Mojave Patcher Toolの具体的導入手順は、公式サイトで説明されています。

スポンサーリンク