Apple、macOS Sierra 10.12.2正式版をリリース - 新型MacBook ProのGPU問題を修正

Screen800x500

Appleは本日、Mac用のオペレーティングシステムであるmacOS Sierraの最新版v10.12.2をリリースしました(MacRumors)。macOS Sierraのインストール要件を満たしているMacを使用しているユーザーはMac App Storeを利用して最新版に更新することができます。

macOS Sierra App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
Siriやユニバーサルクリップボードなど、多数の新機能が追加されたMac用オペレーティングシステム。

macOS Sierra 10.12.2では、最近話題となっていたMacBook Pro(Late 2016)のグラフィックスの問題が解決したほか、システム整合性保護が無効になる問題が修正されています。

リリースノートは以下の通り:

• Apple Watchによる自動ロック解除の設定方法と信頼性が改善されます
• Touch BarのControl Stripに中国語のトラックパッド手書き認識ボタンの追加が可能になります
• “グラブ”アプリケーションまたはショートカットキー(Command+Shift+6)を使ってTouch Barのスクリーンショットの撮影が可能になります
• Touch Barの絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題が修正されます
• MacBook Pro(October 2016)コンピュータのグラフィックスの問題が解決されます
• 一部のMacBook Pro(October 2016)コンピュータでシステム整合性保護が無効になる問題が修正されます
• iCloudの“デスクトップ”と“書類”の設定および無効化のエクスペリエンスが改善されます
• 最適化されたストレージの通知の表示方法に関する問題が修正されます
• BluetoothヘッドフォンでSiriやFaceTimeを使用しているときのオーディオ品質が改善されます
• “写真”でブックを作成および注文するときの安定性が向上します
• Microsoft Exchangeアカウントを使用している場合に“メール”に受信メッセージが表示されない問題が修正されます
• Safari機能拡張ギャラリー以外からダウンロードしたSafari機能拡張をインストールできない問題が修正されます
• 対応のMacでBoot Campを使ってWindows 8およびWindows 7の新規インストールが可能になります

またリリースノートには掲載されていませんが、MacBookのバッテリーの残り時間を予測する表示が廃止されている模様です。この件に関しては別の記事にてまとめたいと思います。

スポンサーリンク