macOS Sierra 10.12.3 beta 4でディスプレイの輝度も警告対象に追加される

Screen shot 2017 01 16 at 12 25 41 pm

MacBook Pro 2016は、Safariの不具合の影響もありバッテリー持続時間が不安定で、当初Consumer ReportsがMacBook Proシリーズとして始めて推薦を与えなかった事が話題となりました。

macOS Sierra 10.12.2ではバッテリーの残り予想時間の表示も削除されるなど、最近AppleはMacBookシリーズのバッテリーに関する話題に神経を使っているようです。

このようななか、macOS Sierra 10.12.3 beta 4では、エネルギー消費の著しい項目として、ディスプレイの輝度がリストアップされるよう修正されていたことが判明しました(MacRumors)。

これまでバッテリーアイコンをクリックすると、エネルギーを消費しているアプリが一覧表示されていただけでしたが、この機能が拡張され「Display Brightness(ディスプレイ輝度)」が表示されるようになっているようです。ディスプレイの輝度が75%を超えている場合に警告対象となり、メニューバーをクリックすると輝度を75%まで低めることができる模様です。

この機能は現在ベータ版でしか使うこができませんが、今後この機能が削除されることがなければ、macOS Sierra 10.12.3の正式版で一般公開されることになります。

スポンサーリンク