Apple、macOS Sierra 10.12.5をリリース - USBヘッドフォンの問題の修正やWindows 10 Creators Updateのサポート

Macossierra

Appleは本日、Mac用オペレーティングシステムの最新版「macOS Sierra 10.12.5」をリリースしました(MacRumors9to5Mac)。macOS Sierraのインストール要件を満たしているMacを使用しているユーザーは、Mac App Storeを利用して最新版に更新することができます。

macOS Sierra App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
Siriやユニバーサルクリップボードなど、多数の新機能が追加されたMac用オペレーティングシステム。

macOS Sierra 10.12.5では、USBヘッドフォンに関する問題の修正や、Mac App Storeの互換性の強化、Boot Campを使ってWindows 10 Creators Updateがメディアフリーでインストール可能になるなどの修正が含まれています

リリースノートは以下の通り:

macOS Sierra 10.12.5アップデートでは、お使いのMacのセキュリティ、安定性、および互換性が改善されます。

このアップデートの内容:

• USBヘッドフォンで再生する際にオーディオがとぎれとぎれになる場合がある問題が修正されます
• Mac App Storeの将来的なソフトウェア・アップデートのための互換性が強化されます
• Boot Campを使ってWindows 10 Creators Updateのメディアフリー・インストールが可能になります

なお「Mac App Storeの将来的なソフトウェア・アップデートのための互換性が強化」が具体的に何を指しているのか詳細は不明です。近い将来Mac App Storeにテコ入れがあるのかどうか注目を集めそうです。

スポンサーリンク