【Kuo】ミニLED採用の12.9インチiPad Proや16インチMacBook Proが2020年後半に投入

Apple 16 inch MacBook Pro 111319 big jpg large 800x578

Apple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開し、Appleが2020年後半にミニLEDディスプレイを採用した、4〜6の製品を発表すると予想していることがわかりました(MacRumors)。

発表される製品には、2020年第3四半期のA14Xチップを搭載したハイエンド12.9インチiPad Proや、2020年第4四半期の16インチMacBook Proが含まれているそうです。

ミニLEDディスプレイは、チップサイズが通常のLEDより小さい、ミニLEDを採用したディスプレイで、コントラストの向上や、モジュールの薄型化、軽量化が可能となります。Kuo氏は、ミニLEDディスプレイによって「生産性とエンターテインメント体験が大幅に改善する」と説明しています。

なお、AppleのPro Display XDRにはLEDが576個使用されていますが、iPadおよびMacBookの将来のディスプレイはそれぞれ約10,000個のLEDが使用され、各LEDのサイズは200ミクロン未満になる模様です。

スポンサーリンク