Mountain Lionで地味に改善された点

Mac mini Mid 2011を、 Mini DisplayPort VGAアダプタを経由してディスプレイに接続しているのですが、LionからMountain Lionにアップグレードして、地味に改善されている点がある事に気がつきました。

それはスリープからの復帰時に確実にディスプレイを認識するようになった事です。

Lionのときは、時間経過でスリープに突入したとき、画面が元に戻らず、ディスプレイの電源が切れたままの状態になることが結構あったのですが、Mountain Lionだとちゃんと戻るようになりました。てっきりMini DisplayPort VGAアダプタがハードウェア的にだめなのかと思っていたのですがOS側にも何か問題があったんですかね?地味だけどありがたい改善点です。

スポンサーリンク