新型のiMacは湾曲したガラス板のようなデザインに?

IMac as a single slab of glass

Appleが出願した特許情報により、Appleが将来のiMacに「連続した局面」からなる斬新なデザインを採用する可能性があることがわかりました(9to5Mac)。バリエーションの一つとして、iMacの後ろにMacBook Proをドッキングする非常に興味深いアイデアも含まれているようです。

特許情報に掲載されたiMacの筐体はなめらかに湾曲していて、下部に、2つのトラックパッドと物理キーボード、または仮想キーボードが配置されるデザインのようです。また一つのオプションとしてMacBookを押し込んでドッキングできるガラスのスロットが存在し、こちらは外部GPUのように2台のマシンの処理能力を組み合わせることができるのではないかと予想されています。

なお現在の仮想キーボードはユーザーが触覚を得ることができず実用的ではありませんが、Appleはホームボタンやトラックパッドに触覚フィードバックを提供することに成功しており、何らかの新しい技術が投入されることが期待されています。

AppleはiPhoneを「一枚のガラス」になることを目指しデザインしてきたと言われています。将来のiMacも可動部分を極力なくした「湾曲したガラス」のようなデザインになるのでしょうか。

スポンサーリンク