新型MacBook Airは登場間近?バッテリー情報が確認

MacbookairbatteryUL

新型MacBook Airの登場が近いかもしれません。中国やデンマークの認証機関に新型のMacBook Airのものと思われるバッテリーの情報が提出されていることがわかりました(MacRumors)。

認証機関UL DemkoとChina Certification Corporationへ申請された情報によると、新しいバッテリーの容量は4380mAh(49.9Wh)となっています。49.9Whという容量は、現行のMacBook Airのバッテリーと同じ容量ですが、型番はA1965からA2389に変更されている模様です。

これまでAppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleシリコンを搭載したMacBook Airが2020年の第4四半期から2021年の第1四半期に登場すると予想し、またDigiTimesもARMベースの新型MacBook Airが2020年内に発売されると主張しています。

現行のMacBook Airは、ウェブ閲覧が最大11時間可能なバッテリーを搭載していますが、電力効率が大きく向上するAppleシリコン搭載モデルでは、バッテリー容量が同じでも持続時間が大幅に長くなることが期待されます。

スポンサーリンク