Nightfall - ショートカットキーでダークモードを有効にできるオープンソースユーティリティ

S 20200305 112851

AppleはmacOS Mojaveで、アプリのUIを暗い色で表示する「ダークモード」を導入し、macOS Catalinaではライトモードとダークモードを自動で切り替える機能も追加しました。

ただし、モードを切り替えるためにはシステム環境設定画面を開く必要があり、ワンクリックでダークモード、ライトモードを切り替える機能は準備されていません。

本日紹介する「Nightfall」はこのモードの切り替えをワンクリックで実行できるメニューバーユーティリティです。開発者Ryan Thomson氏によって作成されたSwift製のツールでMITライセンスのもとソースコードも公開されています。

以下使用方法を説明します。

Nightfallの使用方法

GitHubのリリースページから、Nightfall.dmgをダウンロードして開きます。

S 20200305 112606

▲NightfallをApplicationsにドラッグ&ドロップすれば準備完了です。

Nightfallはいわゆる野良アプリなので、実行するには、アプリケーションフォルダを開き、Nightfallを選択して右クリックから「開く」で実行します(確認ダイアログでも再度「開く」を実行)。"System Events"を制御するアクセスを許可するか確認されますので、これも許可します。

メニューバーのアイコンを左クリックするとライト・ダークモードをトグルすることができます。

Usage

▲右クリックで「Preferences」を選ぶと上記のような画面が表示され、Smooth transition(モード切替時のアニメーション)の有無や、自動起動を設定することができます。Smooth transitionを有効にすると、「画面収録」の許可を与える必要があります。

ショートカットキーで切り替えたい場合は、システム環境設定画面を起動します。

Settings

▲「キーボード > ショートカット > サービス」で「一般」の中にある「Toggle Dark Mode」にチェックを入れます。デフォルトで「Ctrl + Opt + Cmd + T」が割り当てられています。

まとめ

Nightfallを使用すればmacOSのダークモード・ライトモードを簡単に切り替えることができます。頻繁にモードを切り替えたいという方は使用してみてはいかがでしょうか。

タイトル Nightfall
公式サイト https://github.com/r-thomson/Nightfall
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7644-nightfall
説明 macOSのダークモード・ライトモードをワンクリックで切り替えることができるツール。

スポンサーリンク