【Tips】Appleが証明書を更新した影響でOS Xのインストールディスクが使えなくなった場合の対策

S 2016 03 04 13 35 57

Appleが2016年2月にWorldwide Developer Certificateと呼ばれる中間証明書を更新した影響で、2月14日以前にダウンロードしたOS Xのインストールファイルが使用できなくなっている事が判明しました(Ars TechnicaMacRumors)。

実際に過去のインストーラーファイルを使用してOS X El Capitanをインストールしようとすると「このOS X El Capitanインストールアプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります」と警告が表示されこれ以上先に進めることができなくなっています。

この問題はOS X El Capitanだけではなく、Yosemite、Mavericks、Mountain Lion等過去Mac App StoreからダウンロードしたOS Xのインストールファイルにも影響し、ここから作成したUSBインストールディスクも使用不可能となっています。

今回はこの対策を説明します。

解決策

解決策は以下の通り。

  • アプリケーションフォルダまたは外付けドライブなどに存在する「OS X El Capitan インストール.app」を削除。削除しないと再ダウンロードできません
  • Mac App Storeアプリを起動
  • 購入済みタブに移動
  • OS Xインストーラーを探しダウンロードをクリック
S 2016 03 05 1 36 39

後はダウンロードしなおした「OS X El Capitan インストール.app」を利用して再度インストールディスクを作成したり、非常用に保存しておけばOKです。

せっかく作成した非常用インストールディスクが使えなかったら意味がありません。時間があるときに確認しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク